日本の各地域に受け継がれている素晴らしい伝統や文化。

先人たちが生み出したそれらは、世界に誇るべき日本の宝。

僕たち冒険野郎の使命は、それらを体験・理解し、次の世代へ引き渡すことである。

星野リゾート×アドベンチャーキングの試みは君の冒険心を揺さぶるはず! さぁ日本をアドベンチャー!

源泉掛け流しで感じる日本の恵み

4

東京から電車でおよそ一時間半。冬でも温暖な気候を楽しめる太平洋に面した温泉リゾート伊東。古くは平安時代から湯治の場所として名高く、毎分600リットルという屈指の湯量を誇る。ここ、界伊東では大浴場の露天風呂、内湯はもちろん、客室内の露天風呂、部屋風呂、庭園の足湯とすべてのお風呂で源泉かけ流しの湯や、源泉で満たされた温泉プールを楽しむことができる。手にとると滑るようになめらかな湯は「カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉」で、肌の弾力を回復し、艶のある美しい肌へと導く効果があるのだという。日本の土壌がもたらす湯の恵みを全身で感じるエクスペリエンスは、冬ならではの醍醐味だ。

静岡紅茶と椿の和菓子でゆったりとティータイムを。実は緑茶・紅茶・ウーロン茶といわれるお茶の原料は、カメリアシネンシスというツバキ科の植物。手摘みで丁寧に仕上げた茶葉は、日本の紅茶ならではの繊細な優しい香りとコクのある味わいをお楽しみいただけます。

静岡紅茶と椿の和菓子でゆったりとティータイムを。実は緑茶・紅茶・ウーロン茶といわれるお茶の原料は、カメリアシネンシスというツバキ科の植物。手摘みで丁寧に仕上げた茶葉は、日本の紅茶ならではの繊細な優しい香りとコクのある味わいをお楽しみいただけます。

1日1室限定の特別な部屋「つるし飾り 椿の間」。伊豆・稲取地方の「つるし飾り」は、子どもの成長を願って手作りの人形を飾る古くからの風習。界 伊東では「伝統」と「現代」を融合させた、世界にひとつしかない作品をみることができる。

1日1室限定の特別な部屋「つるし飾り 椿の間」。伊豆・稲取地方の「つるし飾り」は、子どもの成長を願って手作りの人形を飾る古くからの風習。界 伊東では「伝統」と「現代」を融合させた、世界にひとつしかない作品をみることができる。

海の恵みに育まれた魚介類と陽光をたっぷりと浴びたお茶を融合させた、界 伊東独自の和会席。写真は名物「金目鯛のぐり茶蒸し」。

海の恵みに育まれた魚介類と陽光をたっぷりと浴びたお茶を融合させた、界 伊東独自の和会席。写真は名物「金目鯛のぐり茶蒸し」。

星野リゾート 界 伊東

【住所】〒414-0016 静岡県伊東市岡広町2番21号
【予約】050-3786-0099(星野リゾート界予約センター8:00~21:00)
【WEB】http://kai-ito.jp/