INTERVIEW

雲心月性の冒険野郎 降谷建志

97年のデビューから音楽シーンで圧倒的な存在感を発揮、若者たちの憧れでありつづけるアーティスト降谷建志。
今年から初のソロ活動を開始する彼にとっての冒険とは。

Q新しいソロアルバムのテーマは?

AEverything becomes the music (全てが音楽になる)
経験したこと、感じたこと、すべてが、歌い、奏でる音楽になるということです。

QソロとDRAGON ASHの降谷建志、2つの顔の違いは?

Aライブは一緒かな。信頼出来るメンバーと誠心誠意良いライブをして自分達も観に来てくれた人達も楽しめたら最高です。
音源はバンドで演奏してんのと一人でやってるのは良くも悪くも全然違います。音楽性の違いは聞く人が判断すれば良いと思う。

Q音楽を通して伝えたいこと、音楽活動に込める想いを教えてください。

A音楽をやっていて、まだ新しいことにチャレンジすることを許されてるのは幸せなこと。だからソロ活動はプライベートワークでもサイドプロジェクトでもなく、真剣にこの音楽でやっていくという感覚なんだよね。

Qあなたにとっての冒険とは?

A慣れ親しんだ環境や物事の外側へ一歩踏み出す事。

Q今までの人生で一番の冒険は?

A演技の仕事。大河ドラマ出演の話を頂いて自分としてはかなりの冒険でしたね。
この年齢になって新しい事に挑戦できるのは本当に恵まれてると思う。

Qこれから挑戦したいことは?

A作りたい曲がまだまだあるし、やりたい事も沢山ある。時間も曲数もアルバム一枚では全然足りない。
ひとつのものを作ってると次のアイディアが浮かぶ。その繰り返しなんだよね。
だからもう一枚ソロアルバムを創って今のメンバーでツアーを回りたいです。

Qチャレンジに躊躇している人にかける言葉を。

A決めるのは自分です、自分をはぐらかさないで。

Q日本の若者、冒険野郎予備軍の彼らに、メッセージを。

ACD買ってね♥


 

プロフィール:降谷建志
1979年生まれ、東京都出身。1997年にDragon Ashでデビュー。フロントマンとして、バンドを牽引し続ける。
プロデュースや客演などさまざまな形態で音楽作品を発表する他、2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』に俳優として出演。
2015年、Dragon Ashの活動と併行する形で自身初のソロプロジェクトをスタートする。

LIVEイベント情報
イベントタイトル:ツタロック×Kenji Furuya Presents 「Dances With Wolves」
出演アーティスト:降谷 建志 / 金子 ノブアキ / Schroeder-Headz / WHITE ASH
会場:ZEPP TOKYO
開催日:2015/7/20(月・祝)  OPEN 17:30 / START 18:30

リリース情報
・1st ソロ・アルバム
“Everything Becomes The Music”
2015.6.17 in stores
初回限定CD+DVD:VIZL-838 \3,400+tax/通常盤CD:VICL-64331 \2,800+tax

4

<収録曲>
1.Everything Becomes The Music
2.Angel Falls
3.Swallow Dive
4.Stairway
5.Colors
6.P Board
7.Good Shepherd
8.Wish List
9.Fabulous Town
10.Dances With Wolves
11.One Voice
12.For a Little While
★初回限定DVD:ミュージックビデオ2作「Swallow Dive」「Stairway」(監督:神山健治)を収録
詳細はオフィシャルサイトをご覧ください
オフィシャル: http://www.dragonash.co.jp/kenji/” http://www.dragonash.co.jp/kenji/