弊誌でもたびたび訪れている、トルコ。人も土地も、同じ場所に行っても毎回異なる表情を見せてくれる不思議な

デスティネーションだ。

旅の途中ふと思った。

トルコという国には、きっと喜びのタネがたくさん落ちていて、僕らはそれをちょっとずつ拾っているのかな、と。

幼い頃海岸で貝殻を集めたみたいに、ワクワク夢中になるような。

トルコはそんな魅力を放つ、でも少し懐かしさを感じる土地なんだ。

トルコで幸せを集める旅へ、さぁでかけよう。

Text: Makiko Yamamoto
Photo: Hiromichi Matono
Cooperation: Turkish Airlines

Wonderland for foodies

食の大国、トルコ

76

世界三大料理の一つ、トルコ料理。変化に富んだ気候風土のおかげで食材が豊富なうえ、歴史の中で東西の食文化を取り入れてきたため、その種類は実に膨大。バターやチーズなどの乳製品も豊富で、ヨーグルトも実はトルコが発祥の地だという。また、かつてオスマン帝国が地中海周辺を統治していたことから、オリーブオイルや魚、ナッツ、野菜、果物などを使った地中海料理も、トルコ料理のルーツの一つになっている。さまざまな伝統料理を融合させながら発展してきたトルコ料理は、東西の食文化の集大成そのものと言えるだろう。そして道端で売っているケバブやザクロジュースにもトライしよう。トルコ産ザクロは高級ザクロとして知られており、日本産やカリフォルニア産と比べると酸味が少なく、美味しさが際立つ。新鮮な野菜に香り立つ小麦…それらを組み合わせたトルコ料理…食べても食べても飽き足らない、まさに味覚の王者といえよう。

54

 


Short Trip to Çanakkale


その昔、トルコの軍事要衝だった都市、チャナッカレ。トロイの木馬で知られるこの土地では、古き良き時代の足跡を至るところでみることができる。港町ならではの素朴で人なつこい土地柄と爽やかな空、ゆったりとした町並みが印象的だった。

8910

Turkish Wedding

皆で躍りつづける陽気なウェディング

14
トルコの結婚式はいくつかの段階を経て執り行われる。
まずは、結婚式の前夜に開かれる、女性だけの前夜祭クナ・ゲジェス。花嫁に赤い布をかぶせて、花嫁を送り出す歌を歌いながら、ろうそくとクナ(ヘナ)という染料をもって、花嫁の回りをまわり、その後、染料を花嫁や来賓者の手につけて、赤く染め上げるのだ。花嫁の手のひらにコイン、その上にクナをのせ、ラップを巻き10分ほど放置する。すると、手のひらに赤くコインに跡が浮かび上がり、花嫁がお金に困らず幸せになるように祈りを捧げるのだ。
結婚式当日は、日本の披露宴と考えればよい。ドレスアップして会場に集まり、軽食をしながら談笑。
唯一違うのは、生バンドと歌手がいるということだ。宴開始から一時間ほどたったとき、彼らが用意された意味が分かった。
エキゾティックなトルコのリズムに合わせて、会場の皆が踊り始めたのだ。踊りはとまることなく、4時間は続いただろうか。新郎新婦も、もちろん我々もすっかり汗だく。ときに手をつなぎ輪になったり、ときにダンスバトルのごとく自分の踊りを披露し合ったり。こんなに笑顔が溢れる結婚式は実に初体験。
平和を愛するトルコの国柄が映し出されているような気がした。

1516